在宅で副業するのにおすすめ8選。メリットやデメリットもご紹介。

生活

副業しないと時代に取り残される!といった動画広告を見たことはありませんか?

副業と言っても、どんなものがあるのか。
本業もあるし自分に向いてるかな…

 

そんなお悩みに応える記事になっています。

 

<スポンサーリンク>

 

在宅で副業するのにおすすめ8項目

スマホワーク

スマホ一つで手軽に始められるのがスマホワーク。

  • アンケート
  • データ入力
  • 記事作成
  • 商品モニター

アンケート

商品やアプリなど、あらゆるジャンルの事柄についてのアンケートが存在し、画面の文字に素直に応えていくだけの簡単な作業です。

 

データ入力

動画や画像をみて当てはまるものを選択したり、入力したりするタイピングジョブなどの仕事があります。

 

記事作成

口コミやレビューなど、自分が体験した事柄を150文字程度で書いていくものが多いです。

後述するWebライターのお仕事の入門として書いてみるのもおすすめです。

 

商品モニター

実際に商品を取り寄せて、使用した感想を正直にレビューしていきます。

回答項目がある場合はそれに従って選んでいくだけ。商品を安く買えたりもらえたりするお得感もあります。

 

ポイントサイト

マクロミルやモッピー、ハピタスなどが代表的なポイントサイトです。

アンケートや、会場に赴いて回答するモニター調査などもあります。

隙間時間にサクサク、こつこつとポイントをためる作業ができることから、多くのサラリーマンもポイントサイトを使っているそうです。

子育ての合間に活用するのもおすすめ。

 

ハンドメイド商品のネット販売

UVレジンや編み物、羊毛フェルトなど。

小物やアクセサリー、服などを自作して販売する人が増えています。

メルカリやラクマ、ヤフオクなど気軽に出品できるサイトを活用する人が多いです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

ブログ・アフィリエイト

Word Pressやはてなブログなど。

自作のホームページに広告を貼り付けることで広告収入を得る副業です。

サイトを見る人が多くなるほど広告をクリックする人が増えるため、大きな収入を得ることを期待できます。

 

Webライター

口コミ・レビューなどのスキル不要なものから、専門知識が必要なものまで。

探せばあらゆる案件が存在します。

ジャンルとして多いと感じるのは、転職や職種に関するライティング。

もちろん、生活に即したようなテーマの案件もあるので、子育中の主婦の方にもおすすめです。

 

デザインの販売

バナーやイラストをデザインして販売する副業です。

1から描くデザインや、元々ある素材からレイアウトを定める技術的なものまでさまざま。

photoshopやilustratorが使えると重宝します。

 

動画編集

動画編集ソフトを使って、もとある素材から動画を作成していく作業です。

Youtubeに手軽に個人がアップロードでき、収益化する人も増えているため需要のある副業です。

細かくエフェクトなどを取り入れたり、また淡々とした動画にしたり。

動画やチャンネル全体のイメージに合わせた編集が求められます。

自信があれば、スキルを販売できるココナラなどで売り出してみるのもありです。

 

クラウドワーカー

フリーランスのテレワーカーです。

依頼に合わせて事務作業や、文字お越しなど。

あらゆるジャンルの中から自分に合ったものを選び、仕事につなげるのがおすすめです。

クラウドワークスやランサーズに登録して、まずはどんな職種があるのかを見てみるのもいいでしょう。

 

 

ではここで、在宅ワークする上でのメリットやデメリットも見ておきましょう。

 

 

在宅副業のメリット

多種多様の職種の中から得意分野を選べる

副業はライティングや動画編集。

Webデザインなど多種多様。

得意分野を生かしてできるものや、スキマ時間を利用してできる簡単なものまであるので自分に合ったものを見つけることができます。

 

 匿名で稼ぐことができる

パソコンやスマホの画面上でのやり取りが基本の副業は、匿名で仕事をすることができます。

周囲に知られることはなく、完全に在宅で完了するものが多数あるので、気軽に始めることができます。

 

 

とはいえ在宅でワークにもデメリットが。

 

 

 

在宅副業のデメリット

孤独な作業にモチベーションを保ちにくい

副業の中にはスキルの必要なものや、継続が大切なものも。

とくにブログ・アフィリエイトは半年以上の継続がものをいう副業なので、初期段階でやめてしまう人がほとんどです。

それだけに、継続するモチベーションを保つのが大変でもあります。

副業は孤独な場合が多いですからね。

 

 

したい副業のめぼしはつきましたか?
せっかく副業をしたいと思っても、本業との兼ね合いでつまずくのはもったいないです。
どういったと所を気をつければいいか、あらかじめ意識しておきましょう。




 

 

副業するなら注意。会社との兼ね合い

確定申告が必要なのはどんなとき?

副業によって確定申告が必要な場合は…

年間20万以上の利益が出た場合です。

 

収益は「売上ー経費」なので、経費としてかかった領収書なども保管しておきましょう。

 

利益が20万円以下の場合は申告が必要ありません。

 

 

 

会社への報告義務は?

近年の副業ブームによって副業には寛容な会社が増えてきています。

ですが会社によっては副業を禁止しているところもまだまだあります。

就業規則などルールを確認して、副業が許されているかどうかを確認しておきましょう。

もし無断で副業する場合は収益20万以下に抑える必要があります。

が、コントロールが効かない場合もありますので、トラブルを避けるためにはあらかじめ報告しておくことをお勧めします。

 

副業自体は匿名で行うことが多く、あまりプライベートを広めたくないですよね。

そうした場合は同僚などには知らせず、直属の上司や経理担当の方など報告するのは最小限にするほうが良いでしょう。

 

 

在宅ワークのイメージができたでしょうか?
それではまとめていきたいと思います。

 

まとめ

在宅の副業は多種多様!

自宅にネットワーク環境とパソコン。

あるいはスマホ一つ触ればだれでもできるものが盛りだくさんな副業業界。

自宅に居ながら、あるいはスマホでなら通勤中にサクッとできるのもまで様々です。

 

まずは口コミやレビューなど簡単なライティングから始めてみるのがおすすめです。

その後本格的なWebライティングに発展させるのも面白いですね。

 

 

 

 

これまでの経験・専門性を活かして在宅正社員として働こう!【#リモワ女子】

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました