【マツコの知らない世界】紹介のモンブランのお店6選【話題】

マツコの知らない世界

モンブラン最近食べてないなー。

でも想像してしまうと無性に食べたくなる栗味。

損なモンブランの魅力、マツコの知らない世界で紹介されていましたね。

 

こんにちは、ひとりです。

 

今回は、マツコの知らない世界で紹介された、モンブランのお店についてご紹介していこうと思います。

どれも定番でありながらも個性があって、おいしそう。

元祖から、ニュースタイルまで。

モンブランの見た目、味。

どちらも楽しめるお店ばかりですよ。

 

 

<スポンサーリンク>

 

マツコの知らない世界で

断面の美しいモンブランのお店

東京自由が丘モンブラン

スポンジの上に生クリームと栗クリームが載っている、王道。

モンブランの元祖と言えばココ!というイメージもありますよね。

 

住所 東京都目黒区自由が丘1丁目29−3
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定期
価格の目安 622円

 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン店

ナイフを入れた時の断面も紹介されたこちらのモンブラン。

カシスの色合いがとても映える、モンブランです。

ショコラティエでもある江口和明シェフの監修で、見た目にも味にもこだわりのある1品です。

住所 東京都千代田区有楽町1丁目1−2
営業時間 11:00~23:00
定休日 不定期
価格の目安 ほうじ茶マロン 600円

 

日本橋・ロイヤルパークホテル

Sweets&Bakery 粋というお店です。

宝さがしのような感覚で楽しめるモンブランとして、紹介されました。

ねっとりとした和栗のクリームと、シロップで煮た洋栗のほくほく感が楽しめます。

煮栗は半分に割られていて、片方がトッピングに。

片方が中に仕込まれているのが本当に粋です。

住所 東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目1−1
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定期
価格の目安 モンブラン 480円

 

 

 

春らしい衣替えモンブラン

モンブランは栗のイメージがあるため、秋冬のスイーツのイメージがありませんか?

マツコの知らない世界では、そういった縛りにとらわれない、春らしいモンブランも紹介されました。

等々力駅 PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI

自転車好きのシェフが、峠越えをイメージして作ったモンブランはスタンダードでも変わったカーブを描いています。

これが春の装いになると、赤みの加わったモンブランに衣替え。

ヨモギの葛も仕込まれていて、とっても和のテイストでおいしそうです。

安納芋のモンブランもあり、素朴味が好きな人にもおすすめです。

住所 東京都世田谷区等々力4丁目4−5
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日
価格の目安 峠モンブラン 600円  春Verは 680円

 

 

 

六本木ヒルズ ラ ブティック ジョエル・ロブジョン

 

恵比寿ガーデンプレイス 1Fでも同じものを楽しめます。

らせん状の美しい山を描くモンブランはみんなのあこがれのモンブランです。

これが衣替えをすると、あまおうのピンクに変わり、一気に春らしい商品になります。

カットして断面を見ると、フレッシュいちごも登場し、鮮やかな赤が現れます。

住所
六本木6丁目10−1
営業時間 10:00~21:00
定休日 不定期
価格の目安 モンブラン 600円

 

 

 

銀座 パティスリーカメリア

この春衣替えをしたモンブランが登場するようです。

土台はピスタチオとフランボワーズのマカロンがあり、そこに栗の甘露煮とピスタチオのマスカルポーネクリームが載った、いろいろな要素があるモンブランです。

フランボワーズの味によって、くどくなくとても爽やかな商品だそうです。

 

住所 東京都中央区銀座7丁目5
営業時間 14:00~2:00 土曜日は13:00~20:00
定休日 日曜日
価格の目安 モンブラン 600円  7モンブランピスタージュ 797円

 

 

<スポンサーリンク>

 

マツコの知らない世界でモンブランを紹介していた人は?

里井真由美さん

 

過去に19歳の時に芸能界デビューしているこの方。

めちゃめちゃしっかりしたブログを運営していらっしゃいますね

https://ameblo.jp/i-kitchen/

 

フードジャーナリスト、1級フードアナリストとしても活動しているようです。

 

モンブランに関しては「脳みそが栗でできている」と自称し、年間500種類以上のモンブランを消費しているようです。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇮🇹🌰 春もおいしい!ファミリーマート 「イタリア栗のモンブラン」 ・ ・ →2枚め断面) イタリア栗クリームと生クリーム。 ふわふわスポンジが軽やかです♪ ・ ・ 最近は1年中コンビニモンブラン楽しめます😊🌰 →断面も楽しんでました。笑 ・ ・ コンビニモンブランの傾向は、比較的ゆる生地が多く断面しきれないのもあるのですが〜😆🌰✨✨ ・ ・ テレビ「モンブランの世界」収録前の打ち合わせで、テイクアウトモンブランで、やっぱり身近なのはコンビニモンブラン。と、色々お話させて頂きました。 ・ ・ 放送では比較的サラッとでしたが、 その後、ファミマスイーツ、このモンブランの売れ行き絶好調だそうで、嬉しい限り🌰🙏♥️ ・ ・ 手軽に食べられるのが嬉しいコンビニモンブラン🌰😊 ・ ・ #コンビニモンブラン#ファミリーマート#イタリア栗のモンブラン #モンブランの世界#栗#和栗#栗スイーツ#モンブラン#モンブラン巡り#和栗のモンブラン#フランス栗#里井真由美#なんぼのもんじゃい##さといいね#栗スイーツ#デパ地下#ホテルスイーツ#デパ地下スイーツ#ホテル#ありが糖運動#まゆログ#フードジャーナリスト里井真由美#ファミマスイーツ

Mayumi Satoi(@mayumi.satoi)がシェアした投稿 –


「週刊誌の袋とじ」のような感覚で、モンブランと接しているらしいです。

 

おいしそうなモンブランの断面を見ると、その気持ちは分からなくもないですね。

 

 

 

 

マツコの知らない世界で紹介のモンブランの発祥は?

イタリアとフランスでモンブランの見え方が全然違うため、モンブランのカタチは様々なのだそうです。

イタリアではモンブランのカタチがとがっているのに対して、フランスは丸く見えるために丸い形のお菓子のモンブランも多いです。

 

日本では、自由が丘のモンブラン初代店主・迫田千万億がフランス・シャモニーを旅した際に、このお菓子の存在を知ったそうです。

これを作る許可を得た初代は、日本人の口に合うように栗の甘露煮を使用してスポンジの土台にトッピングしていくスタイルを作ったそうです。

どこのケーキ屋さんでもお馴染みの今のスタイルのモンブラン。

初代の作った当初からそのスタイルは崩れることなく、今なお親しまれているなと感じますよね。

 

栗が混ざっているものがモンブランのイメージですが、厳密にはモンブランはカタチを示します。

なので、お芋やイチゴを使ったモンブランも間違いではないんですよ。

 

マツコも初めて知ったと嘆く豆知識です。

 

まとめ

マツコの知らない世界で紹介されたモンブラン、どれもおいしそうでしたが、割と定番が紹介されたなー、というイメージがありました。

新規開拓感がちょっと薄かったかな。

峠モンブランは、等々力駅から近いということで、行きやすくて気になります。

 

衣替えバージョンも映える感じで、散策のついでに立ち寄っても楽しそうですね。

 

春の装いのモンブランは期間限定となる場合が多いので、早めにお求めになる方が良いと思いますよ。

 

 

コメントお気軽に^^

 

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました