【映画】鬼滅の刃はいつまで公開?年齢制限やR指定はない?ネタバレレビューもご紹介

未分類

世間では『鬼滅の刃』の話題が尽きないですよね。

流行の波にのって、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』を見に行ってきました。
今回はそのレビューもお伝えしていこうと思います。

最後まさか、あの人が…!?
がっつりネタバレしていますので、まだあらすじを知りたくないという人は、ネタバレの直前でページを閉じてくださいね。

まずは概要から…。

 

 

<スポンサーリンク>

 

映画『鬼滅の刃』はいつまで公開?

半年以上の上映が予想される

ご存知の通り、興行収入200億円を最速で超えた大ヒット映画『鬼滅の刃』。

通常の映画の場合1か月~2か月が上映の目安になりますが、『君の名は。』や『アナと雪の女王』のように超話題になって大ヒットを記録すると、半年以上のロングランとなる可能性が高くなります。

 

今回の劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』もこうした事例に当てはまります。

半年間というと、10月16日(金)からの上映ですので、6か月後の4月中旬までは映画館で上映されることとなります。

 

もちろん、『君の名は。』のようにほぼ1年に渡って上映される場合もありますので、今後のヒットの様子によっては映画館で見ることのできる期間が伸びる可能性もありますよ。

 

 

 

映画『鬼滅の刃』のR指定はない?年齢制限は?

PG12

映画の世界はTVなどより過激な場合もあるので、RやPGといった年齢制限がある場合が多いです。

『鬼滅の刃』はしばし、首や手足などが切り落とされる場面が存在するアニメーション。

 

劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の場合、「PG12」という区分になっています。

 

この意味は、

小学生以下の方が視聴する際、保護者の助言・指導が必要

ということになっています。

PG12の場合、R指定のように強制的に制限されるわけではなく、保護者の方の同席がある場合は見ることが出来ます。

 

実際に映画館は子供でいっぱい

実際に映画を見てきた私ですが、周りは小学生を中心とする親子連れでいっぱいでした。

 

うるさくて聞こえないくらいの映画館もあるようですが、私の時は運がよくみんな割と集中してみていました。

 

 

 

 

映画『鬼滅の刃』のがっつりネタバレ

蝶屋敷での治療や修行の後のお話

テレビアニメ版では、映画の直前の場面までが描かれました。

 

蜘蛛鬼一家との激闘の末、大きな痛手を負った炭治郎と善逸、それに伊之助。

蝶屋敷では彼らの容体は全快し、胡蝶カナエの元でさらに強くなるための修行が行われました。

 

劇場版では、あらたなる章へと進展していきます。

今回は鬼を殺すための部隊である鬼殺隊の柱のひとり、煉獄杏寿郎がキーパーソンになります。

テレビアニメでは、本部に柱が集まって禰豆子を生かしておくかを決める会議の場面。

そこでも煉獄さんは登場していました。

映画でも炭治郎は面識があることになっています。

 

無限列車とは

下弦の壱の鬼、魘夢が支配する蒸気機関車です。

鬼が支配していることから、夜行列車の様な物と考えられています。

 

車掌や同乗する4人の子供たちが魘夢に支配されており、魘夢の指示通りに動きます。

 

彼らは未来の希望がなく良い夢を見たいと願う人たち。

魘夢はそうした願いを利用し、良い夢を見せてあげる代わりに炭治郎・煉獄・善逸・伊之助の精神の核を壊すように指示します。

 

 

下弦の壱の鬼、魘夢には人を眠らせる能力があり、しばらくの間4人は夢を見ることに。

彼らの持つ切符に術が掛けられており、車掌が切符を切ると人々が眠りにつくという仕掛けになっていました。

夢は自分の願いがかなったような幸せな夢。

ずっとその夢の中で過ごしたいと思うくらいです。

 

夢からの覚醒

炭治郎は殺されたはずの家族のもとで暮らす幸せな夢。

善逸は大好きな禰豆子と桃源郷を旅する夢。

伊之助は自分がリーダーになって炭治郎たちを仕切る夢。

煉獄は家族との思い出を夢に見ていました。

 

子供たちは彼らの手首と自らの手首を縄で縛ることで夢の中へ侵入し、夢の壁の外側にある精神の核を探します。

それぞれに目打ちが渡されており、精神の核に突き刺すことで、4人が廃人となるように動かされます。

いうことを聞けば良い夢を見せてもらえるから…。

 

魘夢にいい夢を見せてもらえると吹き込まれてはいますが、おそらく生かしては返さないでしょう。

 

さて夢の中に陶酔する4人でしたが、それぞれに違和感を感じ始めます。

 

 

いち早く夢の違和感を感じ取ったのは炭治郎です。

これが夢だと完全に気が付くと、家族の元をはなれ旅立とうとする炭治郎。

行かないでと止める家族。

理想的な世界をしり目に、止めるのを振り払って前へ前へと進んでいきます。

夢からの覚め方を模索する炭治郎。

 

夢の中で誰かがつぶやきます。

斬るべきものがあると。

 

それが自身の首だということに気が付くと、覚醒のために自らの日輪刀を首へ。

案の定それで覚醒することが出来た炭治郎。

ようやく現実世界へと戻ってきます。

 

現実世界では禰豆子が炭治郎を起こそうと試行錯誤していました。

そして煉獄や伊之助、善逸が寝ている姿が目に飛び込んできます。

煉獄は眠ったまま本能的に動き、目打ちで精神の核を突こうとしている少女の首をつかんでいました。

 

 

禰豆子に皆を起こすよう頼むと、炭治郎は鬼のニオイが強い方向へと進んでいきます。

夜道を進む列車の天井へ上ると、そこには人影が。

いや、人ではなく鬼です。

 

魘夢です。

魘夢は目を見ることで眠りの術がかかってしまう鬼。

覚醒の仕方を知っている炭治郎は何度も術を掛けられながらも、夢の中で首を斬って術を解きながら立ち向かっていきます。

 

 

魘夢の首を斬るが…

魘夢の首に日輪刀を振り下ろし、ようやく切り落とした首。

しかし何の手ごたえもなく簡単に切り離されます。

炭治郎は違和感を感じます。

 

下弦で一番強いはずの鬼。

こんなに簡単に殺されるのか…?

 

いいえ。

鬼は死んでおらず、汽車から気味悪く伸びてくる肉塊の触手と切ったはずの首がつながり、ペラペラと自分語りをはじめます。

 

 

汽車と完全に融合していること、斬ったはずの身体は自身の実態ではないこと。

切符を切ったことで皆を眠らせたこと。

乗客にはいい夢を見せた後で悪夢を見せ、殺した後でゆっくりと食べようとしていること。

耳飾りの少年、つまり炭治郎を殺すことで大ボスである鬼舞辻無惨にも、ある程度認められることも示唆していました。

この列車の乗客全員を食べる作戦を成功させることで、上弦の鬼との位の入れ替えを夢みている魘夢。

攻撃に容赦はありません。

 

ようやく起きてきた伊之助、煉獄。

善逸は眠ったままのほうが強いキャラクターなので、目を閉じたまま乗客を守ります。

 

 

<スポンサーリンク>

 

本体の首はどこかにある!

魘夢と一体となった列車。

客車内にも気味の悪い触手がいたる所から延び、まるで消化器官に映えているひだのよう。

絡みつかれると強く締め付けられてしまいます。

乗客の命を大きく脅かす触手。

 

炭治郎はようやく起きてきた煉獄の指示を仰ぎます。

煉獄はひとりで、禰豆子と善逸は協力して車両に伸びる触手を断ち切っていきます。

 

そうして時間を稼いでいる間に炭治郎は、必ずどこかにある魘夢の首を探すように言われます。

伊之助とも合流した炭治郎は、列車のなかで最も鬼の臭いの強い先頭の連結部分が首であることを突き止めます。

 

 

ぐにゃぐにゃと変形する鬼と炭治郎の怪我

動力の元である先頭部分。

そこには車掌が石炭をくべています。

 

彼も絶望を追った人。

魘夢に協力的な人間のひとりです。

 

しかし人間である限り救わなくてはならない存在です。

 

彼の静止を振り払いながら、連結部分を日輪刀で切りつける炭治郎。

そこには鬼の首のものと思われる大きな骨が横たわっています。

 

 

鬼も抵抗を見せます。

 

 

肉体を自在に操るように、ぐにゃぐにゃと動く肉塊。

そこには無数の目が現れます。

 

その目には人を眠らせる術が仕掛けられているため、目が合うたびに炭治郎は眠らされてしまいます。

覚醒の方法を知っている炭治郎は、眠る直前に伊之助にその方法を伝えると、眠りと覚醒を繰り返しながら敵と戦います。

 

眠りと覚醒を繰り返すうちに夢と現実の境が分からなくなった炭治郎は、危なく現実世界で自身の首を切ってしまいそうになります。

そこに伊之助が止めにかかり、炭治郎は助かります。

 

 

そうしているうちに伊之助の背後に迫る影が。

車掌です。

彼は良い夢を見せてもらいたいがために魘夢に協力する一人。

刃物を伊之助に向けて迫ってきます。

 

炭治郎は伊之助をかばって腹部に怪我を負います。

傷が痛みながらも、魘夢を止めなければならない炭治郎。

会得したヒノカミ神楽を発揮してようやく、鬼の首を斬ることに成功します。

 

 

 

無限列車は崩壊

首を斬られたことで大きく脱線した無限列車。

乗客も事故に巻き込まれますが、鬼からの驚異からは逃れます。

 

魘夢は死を自覚しながら、炭治郎だけでも殺して死にたいと手を伸ばしますが、力なく消滅。

 

投げ出された炭治郎は車掌に刺された傷が痛み、立ち上がることも出来なくなります。

煉獄は炭治郎の元へ駆けつけると、全集中の呼吸によって傷口を塞ぐよう指導。

なんとか致命傷にならずに傷を塞ぐことに成功します。

 

が…

 

 

もう一人の鬼

なぜがそこにいたのはもう一人の鬼。

目には上弦参の文字があります。

 

炭治郎は何度となく鬼との戦いを経験してきましたが、上弦の鬼は見たことがありませんでした。

それは煉獄にとっても初めての上弦の鬼。

 

猗窩座(あかざ)という名のその鬼は、煉獄のことを”杏寿郎”と親しみを込めて呼びます。

そして、煉獄を鬼の世界へと誘おうとするのです。

鬼になれば追った傷も瞬時に再生する。

儚く短い人生に比べ、鬼の生涯は長い。

 

鬼になっていつまでも戦い続けよう。

 

 

しかし煉獄は鬼殺隊の柱としての誇りは揺るぎません。

 

猗窩座との戦いを交え何度となく腕を切り落としますが、上弦の鬼だけに瞬時に再生。

はじめは互角に戦う猗窩座と煉獄でしたが、身体を再生できる猗窩座が優勢になっていきます。

 

 

煉獄は左目をつぶされ、腹にも致命傷を負います。

 

煉獄杏寿郎の執念と最後のとき

家族への思いを胸に柱として戦ってきた煉獄にとって、柱として戦うことは強い誇りでした。

大きな痛手を追いながらも猗窩座を抑え込む煉獄。

 

そうしているうちに太陽が昇り始めます。

 

鬼にとって太陽の光を浴びることは、すなわち死を意味します。

猗窩座の首に半分の刀傷を負わせながら、そして傷を負いながらも最後の力を振り絞る煉獄。

 

しかし太陽の光が完全に昇るのを待つことなく、猗窩座は日陰へと逃げていきます。

 

炭治郎と伊之助も助太刀しようとしますが、完全にとり逃します。

 

煉獄はその場に膝をついた状態で自分の死を悟ります。

力なく血液が流れ続け、呼吸によって傷ぐ口を塞ぐこともできません。

 

伝えられるうちに言ってしまおうと、炭治郎に最期の言葉を伝える煉獄。

弟や父への遺言を残します。

「弟は心のままに、父は体を大切に」と。

そして鬼である禰豆子を鬼殺隊として認める、とはっきり言います。

 

 

病弱だった母との回想シーンになり、ここでは涙を流す人も多かったです。

 

炎柱の死というのは他の鬼殺隊にメンバーや柱にも衝撃を与えるものでした。

煉獄をもってしても上弦の鬼を倒せないのか…。

 

この際期の戦いが過酷な物であることを示唆しています。

 

 

墓地のシーンから始まり炎柱の死で終わる映画

冒頭では鬼殺隊の頭である親方さまが鬼に殺された子供たちの墓の前を歩いているシーンから始まります。

ラストで煉獄杏寿郎は死を迎えますが、同じように土にかえることを示唆していたのだろうか…

と終わってみると感じます。

 

煉獄さんは最後、炭治郎達に次の柱となるように思いを託します。

柱ですらてこずる上弦の鬼との戦いが今後待っている…

漫画で読んでしまっている人にとってはもうすでに知っている内容なのかもしれませんが、迫力を持って生き生きと動き回るキャラクターを見て楽しむのも、この映画の魅力の一つだと思いますよ。

 

 

 

 

まとめ

面白い映画でした

前段階を知らない人でもある程度設定をつかみやすく、戦闘シーンも大迫力。

ゆったりと進む夢の中のシーンと、その後待っている白熱の戦いのメリハリもついていて飽きずに楽しめました。

劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』はR指定ではなくPG指定がされた映画で、12歳以下のお子さんは親御さんの同伴が必要になります。

実際に映画館はお子さんでいっぱいでした。

少しグロテスクな場面もありますが、ストーリーは感動できるものです。

 

是非お子さんと見に行ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

『はなちゃんのみそ汁』映画のあらすじは?24時間テレビでも注目された。動画が見れるサブスクも。
『はなちゃんのみそ汁』は安武千恵さんの闘病と、その家族の実話です。 同名の書籍をもとにしたもので、がんを患う人にも...

 

鬼滅の八重歯は親知らず。歯医者さんは全集中であご押さえつけの呼吸。
.親知らずを抜いた体験記です。 『鬼滅の刃』とは一切関係ありません。
<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました