毎日みかんを食べるとどんな効果が?みかん

健康法

みなさんはみかん食べてますよね?

箱買いして毎日。

 

・・・・え?

そんなに食べてない!?

勿体ないですよ!!

みかんって、ものすごーい効果があるんですよ?

それも美肌、ダイエット、健康とか、本当にいろんな効果が期待できます。

たまに食べるだけじゃもったいない。毎日毎日おいしく食べることで綺麗になっていきますよ。

今回は、みかんの具体的な効果についてまとめました。

みかん好きにはたまらない!

 

<スポンサーリンク>

 

毎日みかんを食べると

 

冬の寒い時期に、こたつで食べる甘い物って最高ですよね。

 

ぐうたら主婦の私も、こたつスイーツに目がありません。

 

アイスやケーキも良いですが、何といっても手軽に食べられるのがみかんです。

 

みかんは、柿やりんごと並んで、「医者いらず」と言われる万能フルーツでもあります。

「蜜柑が黄色くなると、医者が青くなる」という言葉もあるほどです。

蜜柑が黄色くなると医者が青くなる 引用

蜜柑が黄色くなると医者が青くなる | 木のことわざ(諺)辞典|木の情報発信基地

 

健康も大切ですが、私のようなぐうたら主婦でも、気になるのが美肌効果。

みかんには豊富なビタミンC,Eや食物繊維、水分が含まれています。

なので、それを一気に摂ることが出来、美肌にもアプローチしてくれます。

 

最近マイブームのにしうわみかんをたくさん食べている私は、それも実感しつつあります!

 

では具体的にどんな効果が期待できるのか。

みかんを食べるとどんないいことがあるのか!

見ていきましょう。

 

 

毎日みかんを食べると得られる効果

美肌効果



みかんに豊富に含まれているのは、ご存じビタミンC。

ビタミンCは別名をアスコルビン酸とも言い、最強の美肌栄養素です。

 

具体的な効果をご紹介しましょう。

 

メラニンの形成を抑える!

毛穴を小さくしてくれる!

肌の弾力を増してくれる!

 

ビタミンCは、皮膚の門番のような役割を果たしてくれます。

皮脂量を調整したり、水分量を調整してくれるセラミドを形成したり。

 

まさに肌の状態を一番に理解してくれる存在です。

 

そうした効果をみかんでおいしく摂れるのは、本当にありがたい。

 

また、この美肌効果がアンチエイジングにもつながるんです。

 

 

 

 

アンチエイジング効果



 

みかんのビタミンCは、肌の弾力を回復してくれます。

 

その結果、シミやしわにもアプローチしてくれるわけです。

みかんの適度な水分も肌にはよく、潤いも一緒に摂取できますね。

 

みかんにはビタミンCの吸収を良くしてくれる、ヘスペリジンという栄養素も含まれています。

毎日これを摂取することで、美肌効果の維持を期待できます。

 

サプリメントなどでの摂取よりもビタミンの摂取量が少ないものの、他の栄養とのバランスの良い摂り方ができるので、毎日食べることがより重要度を増します。

 

みかん好きさんにとっては一石二鳥ですね。

 

 

 

みかんを毎日食べて、美肌やアンチエイジングに役立っているみかん農家さんも多いようです。

 

さらに、健康効果も期待できるみかん。

具体的にはどんな効果があるのか、

 

 

 

 

健康効果

 


がん予防

みかんにはβクリプトサンチンという栄養素が含まれています。

これには、がんの発生を予防する力があります。

 

βクリプロサンチンは、みかんの実や薄皮よりも、厚い皮に多くふくまれる栄養素。

 

毎日みかんを多く食べている地域では、このβクリプトサンチンが多く体内に留まっている人の割合が多かったそう。

 

…わかりますか?

 

その地域の人々は、がんに強いということ。

 

βクリプトサンチンにはがん予防のほかにも、飲酒によるストレス軽減、骨粗しょう症予防にも良いんだそうです。

 

とにかくとても健康に良い!

 

皮を食べるには、マーマレードなどジャム状にするなどして摂るのがおすすめ。

ですが、毎日甘いジャムを食べるのに抵抗がある…

かといって皮を食べるのはちょっと… って思いますよね。

 

 

地道にβクリプトサンチンには、やはり毎日みかんを食べるのが良いと思いますよ。

 

さらに、嬉しい効果がみかんにはあるんです。

最近、お通じに困っていませんか?

 

 

 

腸内の正常化


みかんには、便をやわらかくしてくれるペクチンが含まれています。

これは食物繊維の一種。

 

水に溶けやすい食物繊維なので、通常の食物繊維よりお腹に優しく、腸内をきれいにする力もあります。

 

みかんの薄皮に白く張り付いている筋には実は名前があり、「アルベド」というそうです。

 

あれは目に見える食物繊維なので、なるべく取らずにたべるのがおすすめ。

 

ちなみにみかんは犬に食べさせてもOKなもの。

犬に与える時は1個の半分を、綺麗に薄皮をとってから与えるのが良いです。

犬の場合、腸が早くなりやすいので、アルベドを取ったほうがいいんです。

 

逆に人。

特に日本人の場合は調も長くて消化が遅いので、アルベドまで余すことなく食べておきたいですね。

 

さらに、みかんは妊婦さんにも嬉しい栄養があるんです。

 

 

 

妊婦さんにも

みかんには葉酸も含まれています。

 

葉酸は、特に妊娠初期には多くとることを推奨される栄養素。

妊活中の女性にも嬉しい栄養です。

 

毎日1個~2個程度摂ることで、食事で摂れなかった葉酸を補助的に摂ることも出来ます。

 

水分も豊富で、酸味のほしい妊婦さんにうれしいクエン酸も入っています。

喉の渇きを潤すのにもおすすめです。

 

ただ、糖殿高いみかんは食べすぎに注意してくださいね。

食べすぎさえしなければ、みかんはダイエットの味方にもなってくれるんですよ。

 

 

 

 

ダイエット効果


みかんのカロリーは1個50キロカロリー程度。

糖度の高い物でも、60キロカロリーくらいです。

 

これはお菓子を食べるよりずっと低いエネルギーです。

1ピースのショートケーキと比べると、10分の1くらいです。

 

口寂しくなった時についお菓子に手がのびちゃう、という人にもみかんはおすすめ。

 

1個100円以下程度のみかんならば、お菓子を買うよりも安くすむことも。

 

食事と置き換えるにはちょっと無理がありますが、いつものお菓子に置き換えてみてはいかがでしょう。

かえってお財布にもやさしいかもしれません。

 

 

ここでみかんで摂取できる栄養について振り返っていきましょう。

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

毎日みかんを食べると得られる栄養

  • ヘスペリジン
  • βクリプトサンチン
  • ペクチン
  • クエン酸

など…

 

さて次はみかんを食べる時の注意点について見ていきましょう。

みかんは健康にいいですが、食べる量や時間帯によっては太ってしまうことも。

見ておいて損はないと思いますよ。

 

 

 

 

みかんを食べる時の注意点

食べすぎると太る



みかんは健康にも良くおやつの代替えにもなる、冬にピッタリのフルーツです。

ですが、食べ過ぎは太る原因になります。

 

1個50キロカロリーとはいえ、10個も食べたら1回の食事と同じようなカロリーになってしまいます。

10個はさすがに食べすぎ!と思うかもしれませんが、おいしいみかんは本当に個数が進んでしまいますから注意してくださいね。

 

 

 

夜食べると太る



フルーツの糖は、夜に摂ると太る原因になります。

30代にもなると、さらに代謝が落ちて太りやすくなるので注意が必要です。

夕方に食べるのが最もおすすめです。

 

朝食べたあとは、日焼けに気をつけてくださいね

 

 

 

食べてから2~5時間の間はシミができやすい



みかんにはソラレンという物質が含まれています。

これは紫外線を吸収しやすくしてしまうもの。

朝食べると、比較的紫外線を迎え入れてしまう肌になってしまいます。

 

しわ、シミを予防するビタミンCをせっかく摂るのですから、ソラレンの影響を受けない時間帯に食べたいですね。

 

肌に対する注意点はもう一つ。

 

 

摂りすぎると手が黄色くなる



あまりみかんを食べすぎると、手が黄色くなります。

これは摂り過ぎたβカロテンが余って、汗と一緒に流れ出てきているからです。

これはあまり心配することがない現象で、しばらく食べなければ元に戻ります。

 

でも毎日食べたいみかんですので、1日に食べすぎて困ってしまうことは避けたいですね。

 

また、食べ過ぎはおなかをゆるくしてしまう危険性もあります。

 

 

 

下痢をすることも



あまりたくさんのみかんを食べすぎると、おなかがゆるくなることがあります。

食物繊維が豊富なうえ、ビタミンCにも摂りすぎると下痢になってしまう性質があります。

一時的な下痢は、その後に便秘につながることもあるので、なるべく避けたいです。

一度に大量に食べず、適量を守りましょう。

 

 

手っ取り早く効果を得ようとすると、食べすぎてしまって逆に体の不調につながってしまいます。

みかんはスローフード。

だからこそ毎日少しずつ食べるのが良いんです。

 

 

 

みかんは揉むと甘くなる!?

みかんは、揉むと酸味が減って甘みが増します。

私も子供のころからみかんを揉んでから食べる習慣がありますが、揉むのを忘れると酸味が強く感じることがあります。

これは、みかん自身が防衛本能を持っているから。

揉んで傷がついたみかんは、自信を修復しようとしてクエン酸を消費します。

 

クエン酸とは酸味の成分。

揉むとクエン酸が即座に消費されるので、逆に甘味が際立つようになるんです。

みかんを食べる時は、是非いつもより多めに揉むと良いですよ。

 

 

では、みかんを毎日食べるおすすめ記事を書いてきたので、

ここでまとめを書いていきますね。

みかんの魅力についてのおさらいです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は、毎日みかんを食べるとどんないいことがあるのかを見てきました。

具体的には、

美肌効果

アンチエイジング効果

がん予防

便秘解消

ダイエット

妊活

などなど…

いろんな効果が期待できます。

ただ一度にたくさんのみかんを食べてしまうと、体の不調につながることがあるようです。

だからこそ、効果を得たいならば毎日コツコツととるのがおすすめです。

 

冬はみかんが水分補給減になるほど、私はみかんが好きですが、食べるのは1日2個くらい。

秋口にボロボロだった肌でしたが、そのおかげかハリ肌を感じています。

 

蜜柑を買う時は箱買いがおすすめですよ!

ひとり家ではもうすでにストックしてありますからね。

 

 

 

おすすめのみかん

こんな食べ方がおすすめ!などご意見ありましたら、コメントで教えていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

関連記事

みかんのおすすめ。にしうわみかん

みかんのお酢、延命酢なるものがアツいらしい

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました