何もしたくない日や何もしたくないとき。眠い・楽しくない・仕事に行きたくない…。心の疲れが原因かも。

気分が落ち込むときの地図

「なーんにもしたくない」。

人間生きているとそんな日やタイミングがありますよね。

そういう時は、思い切って休んでしまうのが良い…

とはいったものの、なかなかそうはいかないという人も多いですよね。

 

<スポンサーリンク>

何もしたくない日やタイミング

心の悲鳴

をするにもやる気が起きない、お風呂に入ることさえしんどい。

そんな心の状態は、放置しない方が良いといわれています。

なぜがというと、手遅れになるとうつ病につながってしまうからです。

 

 

何もしたくないというタイミングは、何かショックなことが起こった時でしょうか。

ショックなことなど何もなくても、こういう気持ちにはなるものです。

 

とくに、今しなければならないことが多い人になりやすいです。

机の上にたくさん並べられたタスクの数々…

やらなきゃならない課題…

行かなければいけない塾や習い事…

 

 

やることは溢れているのに、どれ一つとしてやる気が起きない。

これはだれにでも起こりうることです。

 

こうした気持ちを無視して、ただやることに忙殺されてしまうのは決して理想的な日常とは言えません。

心の疲れが、自分のキャパシティーを超えている可能性があります。

 

 

 

何もしたくない日は眠い

副腎の疲れ

多くの人が感じている疲労。

寝て治るくらいの疲労ではない、慢性的な疲れ。

それは体の中の「副腎」が関係していることが多いそうです。

 

副腎の疲れは腸内環境と密接に関係していて、腸が荒れると副腎から腸の修復に使われる物質が頻繁に分泌されるようになります。

 

暴飲暴食、あるいはストレスから絶食などを繰り返していると、いつの間にか副腎疲労につながります。

 

慢性的な疲労は、眠っても眠っても疲れが取れない!という状態を作り出します。

 

 

腸を健康に保とう

腸活という言葉が最近は流行ってますよね。

前述したように、副腎の疲れに直結するのが腸の不調です。

栄養が偏らない食生活を送る、乳酸菌を取り入れるなど。

腸を常に健康に保つことによって、副腎の疲れを防ぐのはとても効果的です。

 

 

 

こうすれば気分は上向く。
腸を健康にすれば…
と頭では分かっていても、それすら実行に移せないような脱力感を感じているとき。

どうしますか?

<スポンサーリンク>

 

何もしたくない日は楽しめない

心労があるときは休んで

心に何かもやもやとしたものを抱えているときは、何をしていても楽しめないものです。

特に、何かトラウマとなるような出来事の後では、立ち直るのに1か月以上かかるとも言われています。

 

嫌なことは、依存できるものや夢中になれるものを増やすことで、その記憶が薄れていくと言われています。

 

 

 

プライベートな時間が沢山あるならまだしも、たくさんのやることに囲まれてしまっているとき。
それは絶対にあなたがやらなければならないことですか?

うつになってしまってからでは取り戻せないものもありますよ。

 

仕事に行きたくない

バランスが崩れてる!無理しないで

無気力になってしまった時、真っ先に思うことは仕事や学校に行きたくないということかもしれませんね。

それでも何とか行かなくてはならない。

自分がいないと回らない…。

 

学校の場合、勉強が自分だけ遅れてしまうかもしれないという不安がありますよね。

仕事の場合は、自分が欠員することで周囲に迷惑がかかる…。

 

しかしよく考えると、学校の勉強は後でいくらでも取り戻すことが出来る

仕事は、1人欠けたところで立ち行かなくなるはずもありません

 

案外、自分1人がいなくなっても世間は回っているものです。

 

 

そういった心配よりも、自分の心の心配をした方が今後のためになりますよ。

「何もしたくない」「お風呂に入るの際億劫だ」

という感覚は、まさにうつの一歩手前まで来ています。

 

特にうつになると朝の起き抜けの時間に、漠然とした不安が襲い掛かる場合が多いです。

(私も経験しています)

 

一度ふっと休んでしまうのも手だと思います。

遅れは後からいくらでも取り戻せるという気持ちが大事。

休めるのなら休んでしまいましょう。

 

どうしても通わなくてはいけない場合は…

心療内科などに通いながら無理なく通学なり通勤なりしていくのが良いと思います。

1日休みが取れない場合は半日でも、休みを取って自分の心と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

心理状態が良くない時、副腎や腸が弱っている可能性があることをお伝えしてきましたね。

原因がわかると、それを改善していけば良いことなのですが、なかなか前向きになれない、、、

心労、トラウマから抜け出せない。

 

そんな時は思い切って休んでしまうのも一つの手ですよ。

 

心が元気になるためには、無理せず。

何かほかに没頭できるものや依存できるものを探したり、リフレッシュできることを見つけると良いです。

 

 

 

 

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

 

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました